新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルス検査について

新型コロナウイルスのPCR検査、迅速抗原検査、抗体検査を受けられます。

多人数での検査にも応じますので、お問い合わせください。

・検査結果は最短で翌日に判明します。

・医師による診断を行います。

・海外渡航のための陰性証明書の交付が可能です。

(注:濃厚接触者や、症状から新型コロナウイルス感染症の疑いが強い方はまず帰国者・接触者相談センターにご相談ください。西部保健所 帰国者・接触者相談センター 050-5371-0561

自費での検査費用(検査分析費用、検査機関への配送費用を含みます)

・PCR検査(唾液) 27,500円(25,000円+税)

・PCR検査(鼻咽頭ぬぐい液 or 鼻腔ぬぐい液) 30,800円(28,000円+税)

・迅速抗原検査(鼻咽頭ぬぐい液.金コロイド法) 19,800円(18,000円+税)

・抗体検査(血液検査.化学発光免疫測定法=CLEIA法)  

 1項目 11,000円(10,000円+税) IgMもしくはIgG

 2項目 14,300円(13,000円+税) IgM+IgG 

PCR検査、抗原検査、抗体検査の違い

 PCR検査は、新型コロナウイルスに含まれるRNA(核酸)を検出し、それをDNAに逆転写、増幅し存在を確認する検査です。そのため、微量なウイルス量でも検出することができます。また、そこにウイルスが存在しないと陽性にならないため、陽性になった人は現在感染していると判断されます。

 抗原検査は、新型コロナウイルスに含まれるたんぱく質(=抗原)を採取し、検査キットのコロナウイルスの抗体と反応させる検査です。PCR検査と違い量を増幅させることができないため、ウイルス量が十分採取されない場合には感染者でも陽性にならない可能性があります(偽陰性)。抗原検査もPCR検査と同様に、その時にウイルスが存在しないと陽性にならないため、陽性になった人は現在感染していると判断されます。

 抗体検査は、人の血液の中に新型コロナウイルスを排除するために必要な抗体が存在しているかを調べる検査です。抗体とは、一度からだの中に入ってきた病原体に対して、免疫機構がはたらき、その病原体を排除するために作られたたんぱく分子です。そのため、病原体の存在を間接的に見ていると言えます。IgM抗体は感染初期に作られ、その後消失します。IgG抗体は少し遅れてゆっくり増えていき、その後長期間持続するとされています。新型コロナウイルス感染症においては、IgM抗体が陽性の場合は1~2週間以内に感染した可能性がある(もしくは感染している)、IgG抗体が陽性の場合は2週間~数か月の中で感染した可能性があると判断されます。

・PCR検査は唾液、もしくは鼻咽頭ぬぐい液、鼻ぬぐい液を採取します。迅速抗原検査は鼻咽頭ぬぐい液です。抗体検査は血液検査となります。

・唾液検査は発症から9日以内であれば鼻咽頭ぬぐい液と良好な一致率が認められており、適応されます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html

・無症状者においても唾液を用いたPCR検査は従来の鼻咽頭ぬぐい液PCR検査と比較し、高い一致率が確認されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12488.html

・症状があり、新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した方は保険適応の行政検査を行います(自己負担なし)。

・無症状の方の場合は自費診療による検査を行います。

・検査は休診日以外可能ですが、PCR検査の場合は外注検査となり、タイミングにより結果判明までに時間がかかる場合があります。

・PCR検査結果は最短で翌日判明します(まれに再検査となる場合があり、その場合は報告が遅れる可能性があります。)迅速抗原検査、迅速抗体検査の場合は15~20分で判明します。

陰性証明書の発行も行います。(和文のみ 3,500円(税込)、英文 5,500円(税込))

自費での新型コロナウイルスPCR検査について

【対象者】

 自費での検査の対象者は、基本的には症状がなく、新型コロナウイルス感染症が疑われない方です。

・国内移動や海外への渡航の際にPCR検査の陰性証明が必要な方。(各国で対応が異なります。海外に行かれる方は外務省のホームページ現地大使館のホームページなどを確認し、検査する日にちをご検討ください。)

↓こちらのページもご参照ください。

・施設入所時にPCR検査の陰性証明が必要な方。

・その他、諸事情により感染が心配な方。感染していないことを確認したい方。

【検査方法】

A.唾液検査

容器をお渡ししますので、ご自身で唾液を1~2ml採取していただきます。

☆食べかす等が検体に混ざらないよう、受診する1時間前に歯磨き、うがいを十分してください。

☆歯磨き、うがいをした後は食事、歯磨き、口臭スプレーはしないようにしてください。

☆水であれば飲んでいただいても結構ですが、検査直前はおやめください。

B.鼻咽頭ぬぐい液検査

・医師が鼻腔に細いスワブを挿入し、咽頭部のぬぐい液を採取する検査です。

・採取者はPPE(サージカルマスクもしくはN95マスク、ゴーグルないしはフェイスシールド、長袖ガウンないしはエプロン)を着用し行います。

・通常の診察室以外の部屋もしくは屋外で採取を行います。

PCR検査機関

当院ではPCR検査は外注検査となります。検査機関:株式会社メディック